グルコサミンが多く含まれている食品

グルコサミンが多く含まれている食品

グルコサミンをつい最近と言っても1カ月前ですが、私が効果を感じたのは10日目あたりです。

 

今まで朝起きると立ち上がるのに右足に力が入りにくい状況でしたが、10日目辺りから普通にベットから起きる事が出来るようになりました。

 

2日で効果が表れた人もいますし、3週間かかった人もいます。

 

この辺りは皆さん体質が違いますから効果が表れるのに時間がかかる人もいれば直ぐに効き目が出る人もいます。効果が表れるのは人によって違うと言う事です。

 

どのような食品がグルコサミンを多く取る事が出来るのか?

 

これが結構高級食材なのです。冬なら蟹にエビ。そしてうなぎ。毎日食べるのは無理ですね。

 

これだけの高級食材を毎日食べていたら栄養満点ですが、お金が幾らあっても足りません。これが理想と現実のギャップと言う事です。

 

結構理想と現実のギャップって大きいですよね。最初は理想と現実が近く感じてしまうものですが、その考え方は後に根底から覆されます。

 

世の中には色んな人がいますから、そこの部分に関しては言及はしません。蟹にエビにうなぎが関節痛に利く食材なので1カ月に1回位は日頃のご褒美で食べても良いのではないでしょうか?

 

蟹・エビ・うなぎはグルコサミンの代用品になるか?

 

結論から書けばなる可能性もあればならない可能性もあります。

 

これは先述の通り、人には体質がありますからどうしても食べる事が出来ない物が存在します。

 

食物アレルギーは本当に厄介です。因みにグルコサミンの代用として使うなら最大で週2回までです。栄養を取り過ぎて、体重が増えてしまいます。

 

魚介類強し!!

 

蟹にエビにうなぎ何とも贅沢なラインナップでしょうか?私なら、月1回うなぎが食べられればいいです。それにしても蟹とエビを始め魚介類は強いですね。

 

まとめ

 

蟹・エビ・うなぎは十分、グルコサミンの代用品になります。かえってうなぎの方が効果が高いかも知れませんね。

 

そこまで達していなくても十分代用品にはなりますし、グルコサミンを飲んだあと、食事でうなぎを食べれば効果は抜群です。

 

サプリをまとめて飲むのとは訳が違いますからね。サプリと商品のダブル効果で、関節の痛みは大分和らぐでしょう。