グルコサミンの副作用とは?

グルコサミンの副作用とは?

どんなに優れたサプリでも100%副作用がないサプリなどはありません。病院で処方される薬に比べれば、副作用はそこまで大きくはありません。

 

しかし、せっかくこれは良い商品だとグルコサミンを手にしても副作用で蕁麻疹などが出てしまっては使う事が出来なくなってしまいます。

 

そうすると関節痛との戦いは病院で加療しない限り、我慢を強いられる事になります。これはかなりつらいですね。

 

具体的な副作用とは?

 

グルコサミンは用量を守っていれば副作用が出る事は先ずありませんが、体質は皆さん違いますから用量通り飲んでいても副作用が出る事があります。

 

グルコサミンの副作用は主に消化器疾患です。具体的にあげると、嘔吐・下痢・胃痛・腹痛。食中毒の様な症状です。

 

この様な症状が出た場合は速やかに服用を中止して医療機関を訪ねましょう。医師の診察結果には従うべきです。

 

そこで逆らう理由はありません。脱水症状がある場合は点滴を受けてから帰宅する事になります。

 

この点滴は実は成分はほぼ水と同じで、そこにプリンペランと言う吐き気留めの薬を注射器で入れます。

 

人間は不思議なものでこの事をしらない人は薬が効いてきたと思いこみます。効いているのは吐き気止めのプリンペランだけです。

 

副作用が出た場合グルコサミンはもう飲めないのか?

 

残念ながらそういう事になります。グルコサミンと体の相性が悪い事を意味しています。

 

1度拒否反応を体が示してしまった物は牛乳でもサプリでも同じです。

 

飲むと副作用が出る確率はかなり高いです。敢えてリスクを背負ってまでグルコサミンを飲む必要性はありません。

 

整形外科で治療するしかありませんが、何もしないで痛みが続くよりはマシです。

 

副作用を出ないようにするには?

 

グルコサミンの量を最初から少なめに飲んでおく事です。これを最初からマックス飲んでいるとリスクが高くなります。

 

但しグルコサミンを飲んで副作用が出る人は少ないです。副作用が出てしまう人が珍しいです。特殊体質の方ですね。

 

まとめ

 

基本的にグルコサミンを飲んで副作用が出てしまう人は少ないです。最初から適量の半分程度にしておけば、効果もありますし、副作用の恐れも少ないです。

 

せっかく関節痛から脱出できる、重要なアイテムを手に入れたわけですから、手放したくはないですよね。

 

安全に飲むには4錠と書いてあったら最初は2錠にしておくべきです。そして体にグルコサミンと言う物を叩きこむと4錠飲んでも全く問題なくなります。