グルコサミンは製薬会社から発売

グルコサミンは製薬会社から発売

グルコサミンは処方箋なしで、簡単に購入できるサプリです。あうまでもグルコサミンは薬ではなく、補助サプリメントして広く全国の薬局で販売しています。

 

意外と関節を痛める人が多いので少し驚きました。皆さん結構ギリギリのラインまで攻めますね。

 

それはスポーツにおいてですが、練習に力が入っていますね。基礎体力をつけるにはランニングは基本です。

 

特に野球部なんかは、真夏の走り込み。関節の痛みを抱えているは実は大人だけでなく小中学校もです。

 

意外かもしれませんが、かなり練習がハイレベルになり、関節を痛める小中学校も増えています。

 

グルコサミンは医薬品ではない。

 

あくまでもグルコサミンはサプリメントです。名前が知れ渡っている為、医薬品なのかなと思う人も多いですが、グルコサミンはあくまでもサプリです。

 

ここを間違えてはいけません。効果抜群の人とそうでない人がいます。万人に受ける物など存在しません

 

。特にサプリメントなら、利用する人が多いので明暗が分かれます。サプリは体に合えばいいですが、合わないと関節痛がよくなるどころか、消化器疾患を副作用で引き起こします。

 

症状は嘔吐・下痢・胃痛・腹痛・吐き気まるで食中毒のような症状に陥ってしまいます。本人はサプリが原因と分かればいいですが気が付かないと危険です。

 

大生製薬が製造販売

 

グルコサミンは製薬会社大生製薬が製造販売しています。販売すると言ってもグルコサミンは最終的にドラッグストアで販売されます。

 

製薬会社が発売していますから、臨床試験はクリアした商品と思っていいでしょう。グルコサミンは人気商品なので品薄に直ぐなる薬局もあります。

 

病院で処方される痛み止めとグルコサミンはどちらが良いか?

 

病院で処方される痛み止めはかなり強いです。

 

空腹時には飲まないのが鉄則です。効果は覿面なのですが、如何せん体にダメージを残します。

 

その点サプリのグルコサミンは処方薬の威力には敵いませんが、体にダメージは残りません。効き目なら処方薬が断然上です。

 

まとめ

 

病院で処方される痛み止めには敵いませんが、処方薬は非常に効果が強いので体にダメージが見えない内に蓄積していきます。これは正直良くないですね。

 

一方サプリメントのコンドロイチンは普通の錠数を飲んでいる分には先ず問題ないと思います。サプリは効果がソフトなものが多いです。その為痛み止めの依存症になる可能性が低いのが商品としての特徴です。